日常に程良い刺激を

認知科学


多くの人は、朝目覚め、出勤し、帰宅し、寝るというように、毎日同じようなことの繰り返しの中で生活しています。しかし、研究によると、日常に少し変化をもたらすことは脳の活性化に役立つとのことです。

社交活動によって脳に刺激を与えると、脳の健康を維持することができます。 活動の多様性が認知機能に与える影響に関する研究として、700 名以上を対象に、仕事、家事、娯楽、育児、運動、ボランティア活動、近所のお手伝いといった 7 つの日常的な活動をどのくらいの頻度で行っているか調査が行われました。10 年後、同じ調査対象者について確認したところ、活動の多様性を広げた人の方が認知力テストの得点が高かったことが確認されました。

脳の健康という観点から見た場合、以上のことは適応力に関連しています。新しい環境に身を置いたり、活動の幅を広げたりすることで、適応力が発達します。 活動の多様性は社交性とも関連しているものと思われます。社交性は、認知機能を維持するために脳を刺激する要素の 1 つであるとされています。さまざまな活動に参加すると、欲求、課題、論理的思考というように頭を切り替えて働かせることになり、それらは、すべて、実行機能の強化につながります。

文献

  • Lee, S., Charles, S. T., & Almeida, D. M. (2020). Change is Good for the Brain: Activity Diversity and Cognitive Functioning Across Adulthood. The Journals of Gerontology: Series B, gbaa020. doi: 10.1093/geronb/gbaa020