やる気 + 目標 = 成功

認知科学


運動や栄養に関して自分の目標を設定して、達成に向けてスマホの「アプリ」を上手に取り入れると、たいへん便利です。言ってみれば、ポケットに入っているパーソナル トレーナーと応援団ですね。

これは便利なだけでなく、科学的にも理にかなっています。運動や栄養など、行動を改善するためにアプリを使うことは、変化を気軽に確認することが出来るので、まさにうってつけなのです。

栄養アプリを使って食事摂取量を管理している人々を追跡した研究では、やる気、食欲だけでなく、実際により良い食事選択をする能力が向上したことがわかりました。

やる気関連のアプリを使った人は、栄養目標の確立と達成の両方で大きな成功を収めることも示されました。

なぜアプリが行動改善に役立つのでしょう? それは「自己効力感」と呼ばれる重要なものが高まるからです。簡単に言えば、自分は目標を達成できる能力がある、という自信です。「やればできる! 」という感覚が高まるのです。あなたのポケットの中の小さなアプリは、健康的な行動へと変える力を与えてくれます。

自己効力感はあなたの態度を明るくし、自信を高め、前向きな変化を起こすお手伝いをします。仮に友人、知人の励ましが無くても、自分の力で自己改善を行うことができます (友人、家族の励ましも、もちろん効果はあります)。アプリは、特定の目標に向かって行動の変化を管理することで、自己効力感をアップさせます。

おそらく一番大切なことは、習慣を変えるアプリに目を向けることで、目標を設定した分野に関する情報を受取れることでしょう。

しかし科学は、知識を得るだけでは十分ではないことを私たちに教えています。知識を活用し、それをアプリ内のツールと組み合わせて実際の変化を起こすには、自分の中でやる気を感じる必要があります。あなたの動機は何ですか? いい思い出をいつまでも残したい、親しい人との会話を続けていきたいなど、どれも素晴らしい動機です。

1人 1人がそれぞれの動機を持ち、ニューロトラックへ来られました。あなたは、どの様なきっかけで認知機能を維持したいと思うようになりましたか? 今日のやる気を活用して、あなたが始めた習慣改善が長続きするよう、今日もわたしたちは応援します。

文献

  • West, J. H., Belvedere, L. M., Andreasen, R., Frandsen, C., Hall, P. C., & Crookston, B. T. (2017). Controlling Your “App”etite: How Diet and Nutrition-Related Mobile Apps Lead to Behavior Change. JMIR mHealth and uHealth, 5(7), e95.doi:10.2196/mhealth.7410