脳の健康と目の関係

認知科学


最近目の検査をしたのはいつですか? 40歳を超えたら、一度は目の検査を受けましょう。40 代は、多くの人で眼病の初期症状や視力の変化が表れる年代です。

実は、目の健康状態と認知症の間には何らかの関係があるのではないかと言われています。例えば緑内障はよくある目の病気で失明の大きな原因の 1 つですが、最新の研究において、開放隅角緑内障とアルツハイマー病の間の因果関係が疑われています。

果たして、どのようなつながりがあるのでしょうか? 両者のはっきりとした関係を知るためにはさらなる研究が必要ですが、緑内障とアルツハイマー病につながる危険因子の間に因果関係があるのではないかと言われています。研究結果から、緑内障とアルツハイマー病を引き起こす危険因子に因果関係があるのではないかと言われています。 このような因子には高血圧、高コレステロール、糖尿病などがあります。

緑内障は、血流の不全による酸素と栄養素の不足も原因になり得ます。同じように、脳への血流不全も神経細胞(ニューロン)へのダメージ、ひいては認知症につながる恐れがあります。

不安になるような話ばかりですが、まったく望みがないわけではないのでご安心ください。血流を改善する方法は数多くあります。 最も簡単な方法は、1 日 30 分程度の有酸素運動をすることです。また MIND (マインド)食で砂糖とトランス脂肪酸の摂取量を減らす方法もあります。

文献