学習し続けましょう

認知科学


習慣や技術など新しい事を習得するには、少なくとも 100 時間必要だという事をご存知でしたか? 新しいことを学習する事には時間がかかるのです。しかも、100 時間経っても、半分程度しかできない場合が殆どです。

新規の学習段階には 3 つの段階があります

  1. 認知段階。まず、脳に新しい学習内容を覚えさせます。
  2. 2 番目の段階は連合段階と呼ばれます。この段階では、学んだ事を習熟させます。間違った理解を直し、学習事項を完成させます。
  3. 3 番目の段階は自動段階と呼ばれます。この段階では、学習事項の段階的な改善が行われ、改善は無期限に続きます。

上記の過程を「認知技能の獲得」といいます。簡単に言えば、これは新しい問題を解決することを意味します。 問題を解決するには、意思決定と理由付けの両方が行われるのです

「問題解決」という単語は、数学のような響きがあるかもしれませんが、実際とても簡単で、朝起きて服を着ることや、仕事やスーパーマーケットに行くことまで、一日の中で課題をこなしていく事を指します。

学習の三段階は、パズルを解いたり、ゲームをしたり、レシピから食事を作ったりするような認知トレーニングにも適用されます。 また、こうした問題解決の能力は、認知機能の低下を防ぐのに役立ちます。では、ゲームも料理も苦手な場合はどうすれば良いのでしょうか? 心配はいりません。何かを学習したり、練習したりする事はどちらも、認知機能の低下を防ぐ作用があるのです。さあ、早速何か始めてみましょう!

文献