ゲームで脳の健康を維持する

脳トレ


囲碁や将棋、チェスは高度な知的ゲームです。高度な戦略、計算、競争力が必要で、多くの天才と呼ばれる人たちが好むゲームです。

もちろん、これらのゲームを楽しむのに天才である必要はありません。ルールを覚え、対戦相手さえいれば、誰でも楽しむことができます。

最初のステップは、対戦相手を見つけることです。これらのゲームは、一般的に脳の健康状態の向上と認知機能の低下の防止に関連付けられています。 科学者は、これらのゲームには「高い認知機能が求められる」と考えています。簡単に言えば、これらのゲームでは「たくさんアタマを使う」ということです。

高齢者がこのようなゲームを楽しむことで、脳の状態を高めながら認知機能の低下を防止する効果を期待できます。囲碁将棋、チェスに限らずアタマを刺激するゲームで脳を活性化させることには、アルツハイマー病の進行リスクを33%減らす可能性があることを示唆する研究もあります。

囲碁や将棋、チェスをまったく知らない? 心配する必要はありません。ルールを覚えるのに遅すぎるということはありません。むしろ、どのようなことであれ新しい技能を学ぶことには、脳を刺激して認知機能の低下を防止する効果を期待できます。

文献

  • Lillo-Crespo, M., Forner-Ruiz, M., Riquelme-Galindo, J., Ruiz-Fernández, D., & García-Sanjuan, S. (2019). Chess Practice as a Protective Factor in Dementia. International Journal of Environmental Research and Public Health, 16(12). doi: doi.org/10.3390/ijerph16122116