効果的な脳トレ「クロスワード パズル」

脳トレ


誰もが知っていて簡単にできる、世界で最も古い脳トレの 1 つは何だか分かりますか?

そう、クロスワード パズル です。すぐに分かった人は、脳の機能を維持できていると言えるかも知れません。

認知機能にとっての刺激となる活動いわゆる 「脳トレ」は、認知症になるリスクの軽減に関係があるとされています。 2014 年に行われた調査では、クロスワード パズルを行っているとした回答者の場合、そうではない回答者よりも記憶障害の発症時期が 2.5 年強遅いことが分かっています。

クロスワード パズルは、認知機能の維持力の向上に加え、ダメージや損傷に対する脳の抵抗力を高める効果があると考えられています。 簡単に言えば、認知症に伴うさまざまな脳の変化に対して、このような脳トレには脳の強さと抵抗力を強化する効果が期待できるということです。脳の抵抗力が高まるということは、認知機能の低下や記憶障害の発症がそれだけ遅くなることにもつながります。

クロスワード パズルはハードルが高いと思っても、学習するつもりでやってみてはどうでしょうか。いつでもどこでもできる脳トレです。近所の図書館や書店、キオスクの雑誌、新聞など、クロスワード パズルはどこでも見つけることができます。またクロスワードの専門誌も手ごろな価格で購入できますし、インターネットで無料のサイトを見つけることもできます。

文献

  • Pillai, J. A., Hall, C. B., Dickson, D. W., Buschke, H., Lipton, R. B., & Verghese, J. (2011). Association of Crossword Puzzle Participation with Memory Decline in Persons Who Develop Dementia. Journal of the International Neuropsychological Society, 17(6), 1006-1013. doi: 10.1017/s1355617711001111