脳の健康を維持するための鍵とは

脳トレ


脳に刺激を与えるために何かに挑戦することは、脳の健康にとても良いことは既にご存知だと思います。認知機能を試すような課題で、あなたの神経細胞(ニューロン)に火をつけると、認知的予備能が高まります。簡単に言えば、認知的予備能は、アルツハイマー病に関連したプラークの異常発生や神経繊維のもつれ(タングル)に対して、脳の耐性が強くなり、より早く回復することを助けます。

脳を活性化するための活動には、さまざまな形やレベルがあります。楽器を学ぶ子供たちは、科学や数学も得意だという話を聞いたことがあるのではないでしょうか。新しい楽器を手にとることは、脳の老化に対しても良い影響を与えることがわかってきたのです!

ある研究は、ピアノの個人レッスンを受けた 60 - 85 歳のグループを追跡しました。するとピアノを 6 か月間弾いた後では、参加者の認知能力に改善がみられることがわかりました。実行機能は特に改善されました。この機能は、一連の課題を計画および実行する機能です。

新しい楽器を試してみたくなりましたか? 自治体や地域の仲間が主催する音楽レッスンに参加してみるのもいいでしょう。楽器店なども良い場所です。予算があまりない場合は、YouTubeでレッスン動画を見てもいいですね。

文献

  • Bugos, J. A., Perlstein, W. M., McCrae, C. S., Brophy, T. S., & Bedenbaugh, P. H. (2007). Individualized piano instruction enhances executive functioning and working memory in older adults. Aging & Mental Health, 11(4), 464–471. doi: 10.1080/13607860601086504