図書館へ行きましょう

脳トレ


地元の図書館で、古い本特有の香りを最後に嗅いだのはいつですか?

図書館は、忘れられがちですが、社会の情報源です。図書館にはたくさんの本や役に立つ図書館員たちが揃っていますが、脳に役立つ他の多くのサービスも提供しています。

  1. 本と新聞: 地元の図書館で本や新聞を見つけることは当たり前に思えるかもしれませんが、これら 2 種類の読み物が、脳の健康を増進できることを知っていましたか? 人々の読書習慣について研究を行ったところ、新聞と本を両方読んでいる人は、認知機能を高まりました。
  2. オーディオブック(本を朗読した音声を記録したメディア): 視力に問題がある場合や、読む時間がない場合でも、オーディオブックを聴くと脳が刺激されます。オーディオブックを使うと、人前で話す方法など、新しい技術も学べ、またオーディオブックの実用書を入手して、新しい言語を習得することもできます。小説を聴くことを選択した場合は、ストーリー展開と語彙が脳を刺激します。
  3. 習い事: 新しい技術を学ぶことが、脳の健康改善に関連することがわかっています。多くの図書館や公民館では、お料理から大人向けの教室、応急処置から人形作りまで、様々な教室が開講されています。どのクラスでも、新しいスキルを学びながら、新しい友達と出会うことが可能です(そして脳も強化できます! )。
  4. コンピューターと技術: 新しい技術を使うと、脳の健康が向上します。 iPad を手に取りながら、何か新しいことを始める方法を学ぶと、記憶力や認知処理速度を高めることができます。また、IT 技術を使い友人と連絡を取り合いながら、銀行の手続きや食料品の買い物など、日常のアクティビティを行うことも楽しいものですね。

文献

  • Bialystok, E., Craik, F. I. M., & Freedman, M. (2007). Bilingualism as a protection against the onset of symptoms of dementia. Neuropsychologia, 45(2), 459–464. doi: 10.1016/j.neuropsychologia.2006.10.009
  • Chan, M. Y., Haber, S., Drew, L. M., & Park, D. C. (2016). Training Older Adults to Use Tablet Computers: Does It Enhance Cognitive Function? The Gerontologist, 56(3), 475–484. doi:10.1093/geront/gnu057
  • Gallucci, M., Antuono, P., Ongaro, F., Forloni, P. L., Albani, D., Amici, G. P., & Regini, C. (2009). Physical activity, socialization and reading in the elderly over the age of seventy: what is the relation with cognitive decline? Evidence from “The Treviso Longeva (TRELONG) study.” Archives of Gerontology and Geriatrics, 48(3), 284–286.doi: 10.1016/j.archger.2008.02.006