健康維持には 1 日 7500 歩で十分

運動


万歩計は、1 日 1 万歩で万歩計。1 万歩は、健康維持のための魔法の数字(目標)です。それなのに、なぜこれを毎日実行することが難しいのでしょうか? 活動的な人にとっても、1 日 1 万歩を実行することは簡単ではありません。

このナゾが科学的に明かされました! 2019 年に公開された調査によると、1 万歩という数字が健康増進に役立つという科学的な根拠はなく、実は数十年前に日本で行われた万歩計の宣伝用に作られた数字だったのです。この調査では、 平均 4400 歩で健康上のメリットがあるとしています。 7500 歩以上は、単なるカロリー消費以上の意味はありません。

これは誰にとっても朗報でしょう。人は大きな目標を設定しがちで、結局達成できずに断念してしまうことも珍しくありません。1 日 1 万歩は難しくても、7500 歩ならだいぶハードルは下がるのではないでしょうか?

科学的には、「達成可能な小さな目標」を1つずつ達成していくことで、やがて習慣を変えることができると言われています。では、どうすれば 1 日の歩数を増やすことができるのでしょうか?

  1. エレベーターやエスカレーターの代わりに階段を利用する
  2. 駐車場では、なるべく入口から離れた場所に車を停める
  3. 目的地の 1 つ前の駅やバス停で降りて歩く
  4. 電話で話すときは歩きながら話す
  5. 食後に散歩する
  6. 毎日散歩が必要な犬を飼う
  7. 毎日いっしょに散歩してくれるように友人に頼む

1 日の歩数の目標は達成できましたか? お疲れさまです! 運動評価テストを受け直して、スコアが改善しているかどうかを確認してみましょう。

文献

  • American Psychological Association. (2008, April 9). Making lifestyle changes that last. 下記 URL より取得 https://www.apa.org/helpcenter/lifestyle-changes.
  • Lee, I.-M., Shiroma, E. J., Kamada, M., Bassett, D. R., Matthews, C. E., & Buring, J. E. (2019). Association of Step Volume and Intensity With All-Cause Mortality in Older Women. JAMA Internal Medicine, 179(8), 1105–1112. doi: 10.1001/jamainternmed.2019.0899