ミトコンドリアってなに?

運動


他の臓器と同様、脳は常に酸素や他の栄養素の供給を必要とします。そして、循環システムが、この酸素と栄養素を供給します。また、運動は循環を高めるため、運動をすると、栄養豊富な血液が循環され体全体や脳に届き、健康を維持することができます。

エアロビクスとも呼ばれる、有酸素運動は、体内のミトコンドリアの数も増加させます。ミトコンドリアは、体内のエネルギーを作り出し、またそのエネルギーを使えるようにする細胞小器官です。研究者は、ミトコンドリアの増加が、運動後に「より頭が冴えた」感じがしたり、精神的に悟ったと感じる理由だと考えています。科学的には、心拍数を上げ続けることで、神経新生が増加するとされています。これは、新しい脳細胞を成長させる能力です。

では、有酸素運動とは正確にはどんなものなのでしょう? 優れた有酸素運動は、心拍数を高め、血流を増やし、酸素と重要な栄養素を脳に送ります。心拍数をどれだけ増やす必要があるかを正確に把握するために使用できる数式もありますが、良いトレーニングを行うために、難しい数式を行う必要はありません。有酸素運動とは、心臓が鼓動し、息が切れるような運動と考えれば良いのです。

有酸素運動がどんな感じかわからない場合は、それを理解するための小さなヒントをお教えしましょう。

テンポの良い曲で、好きな曲を見つけてください。より速いテンポの方がより良いです。1 曲のはじめから終わりまで、誰の目も気にせずに踊りましょう。飛び跳ねて、腰を振って、腕を大きく動かして! 歌が終わるまで踊り続けます。おそらく終わった頃には、息を切らしているでしょう。

次回のトレーニングでは、この感覚を再現してみてください。それは、優れた有酸素運動の感覚です。

文献

  • Gomez-Pinilla, F., & Hillman, C. (2013). The influence of exercise on cognitive abilities. Comprehensive Physiology, 3(1), 403–428. doi:10.1002/cphy.c110063
  • Mandolesi, L., Polverino, A., Montuori, S., Foti, F., Ferraioli, G., Sorrentino, P., & Sorrentino, G. (2018). Effects of Physical Exercise on Cognitive Functioning and Wellbeing: Biological and Psychological Benefits. Frontiers in Psychology, 9, 509. doi:10.3389/fpsyg.2018.00509