認知機能の低下に立ち向かう

運動


運動に費やす時間は、脳の健康に直接影響があります。運動をすると、酸素や他の栄養素が脳に送られ、脳が健康に保たれます。ですが、1 日 30 分間だけ運動し、あとは座って過ごす場合、運動は十分と言えるのでしょうか?

運動していないときは何をすべきでしょう? まず、認知機能を維持するために、睡眠を 7 - 8 時間とり、脳を回復させる必要があります。では、残りの 15 時間は何をすべきでしょうか? 時間をどのように過ごすかは自由ですが、出来れば、何かをしながら動くことは、認知機能低下から脳を保護することになります。

座りすぎは、医療従事者に「ほとんど体を動かさないライフスタイル」とも呼ばれ、健康被害と見なされます。ある研究では、バスの運転手と郵便局員の心血管の健康を比較しました。どちらが健康だったと思いますか? 1 日中歩き回って、郵便を配達していた郵便局員の方が健康でした。

研究者は、1 日中座っていると、折角運動した分までもなかったことになってしまうと考えています。では、仕事で一日中デスクワークの人や、座っている必要がある場合はどうしたらいいのでしょうか? 小さなことでも、変えていくと大きな違いを生む事があります。

  • 立って作業を行う
  • 机に向かって考え事をしているときに、ウェイトを使って腕のトレーニングをする
  • 1 時間に 1 回タイマーを設定して、オフィスや近所を一周する
  • 1 時間に 1 回 5 分間休憩を取って、立ち上がり、ストレッチをして、足の指先を触る
  • 何かを落としたら、腰を曲げて取らず、代わりにスクワットをして取る
  • 犬を飼う ( 1 日に 2 回余分に散歩できます )
  • バスや電車に乗る時は、手前の駅で下車し歩く
  • 会議中に、参加者に立ち上がって伸びをするよう促す

体を動かすことは慣れると爽快になり、クセになります。こうしたちょっとしたことで、1 日のすっきり感を味わい、快適に日々を過ごしましょう。

文献

  • Hamilton, M. T., Healy, G. N., Dunstan, D. W., Zderic, T. W., & Owen, N. (2008). Too Little Exercise and Too Much Sitting: Inactivity Physiology and the Need for New Recommendations on Sedentary Behavior. Current Cardiovascular Risk Reports, 2(4), 292–298. doi:10.1007/s12170-008-0054-8