忙しい体

運動


運動習慣を始めて、うまくいっているのなら素晴らしいことです! 自分自身を誇りに思ってよいでしょう。しかし、習慣が上手くいかなくなる日がやってくる時もあります。

私たちは皆、忙しい日々を送っています。

運動する時間のない忙しい日があると、人によってはやる気をなくしてしまう可能性があります。例えば、完璧主義者の人には、もし完璧にできなければ、全く取り組まない方がいいと考える人もいます。もし、あなたがこれに該当する場合、運動はそれでは上手くいかないことを覚えておいて下さい。

脳の健康を維持するために推奨されている運動時間は、1 日 30 分です。しかし、1 日やり忘れたとしても、脳が健康になる見込みがなくなるわけではありません。トレーニングをするたびに、新鮮な酸素と栄養が脳に送られ、認知能力の健康を維持していることになるのです。

ですから、運動する時間がない日がわかっているなら、イライラしないで、次の日また取り組んでください。それまでの間、もしできるようであれば、なるべく体を1 日中動かしてみてください。

  • エレベーターの代わりに階段を利用しましょう。カロリーを消費できますし、時間を節約できて一石二鳥です! ( 実際階段を使うほうが速いです。)
  • 電話を使用する代わりに、同僚のデスクや、隣人のアパートまで歩いて行ってください。歩数も増加しますし、脳の健康を高める社会的な活動も促進されるでしょう。
  • 座りながらできる運動、「肩上げ」をしましょう。まず、息を吸いながら肩を耳に向かって上げます。そして、息を吐きながら筋肉をリラックスさせ、ゆっくりと肩を下げて下さい。このエクササイズは、ストレス解消にも役立ちます。

文献

  • Shah, S., O’Byrne, M., Wilson, M., & Wilson, T. (2011). Elevators or stairs? CMAJ: Canadian Medical Association Journal = Journal de l’Association Medicale Canadienne, 183(18), E1353–E1355. doi:10.1503/cmaj.110961
  • van Gelder, B. M., Tijhuis, M. A. R., Kalmijn, S., Giampaoli, S., Nissinen, A., & Kromhout, D. (2004). Physical activity in relation to cognitive decline in elderly men: the FINE Study. Neurology, 63(12), 2316–2321. doi:10.1212/01.wnl.0000147474.29994.35