筋肉を鍛え、脳を鍛えましょう

運動


レジスタンス運動とは、何らかのレジスタンス (抵抗) に対して筋肉を収縮させる運動です。負荷として加重バンドやダンベルを使用しても良いですし、器具を使わなくても構いません。レジスタンス運動は筋肉を増加させ、骨の強度を上げ、認知機能をサポートします。

体と脳の筋肉を構築するのに必要なのは、中強度のレジスタンス運動です。長い間筋トレをしていなくても心配には及びません。少しずつ運動の回数と強度を増やしていけば良いのです。

研究によると、レジスタンス運動は、筋肉量と筋力を増加させ、同時に認知機能にも良い影響を与えることが示されています。認知能力の低下には、うつ病が関係していることも科学的に知られていますが、中から高強度のレジスタンス運動は気分を良くするため、認知機能の改善にもつながります。

レジスタンス運動は、いつでも簡単に取り組むことができます。 30 分間の有酸素運動ができない日には、犬の散歩、洗濯、食事の準備など、日常生活に簡単なレジスタンス運動を取り入れてみてください。

簡単なレジスタンス運動

  1. 歯磨きの間、かかとの上下運動を行います。
  2. テーブルやキッチンカウンターを使って腕立て伏せをします。
  3. 両手に水のボトルを持って近所を歩きます。ボトルを膝から腰の位置まで持ち上げるようにして歩きましょう。

レジスタンス運動に取り組んでいますか? 運動テストを再度受けなおし、得点が改善しているかどうか確認しましょう。

文献

  • Cassilhas, R. C., Viana, V. A. R., Grassmann, V., Santos, R. T., Santos, R. F., Tufik, S., & Mello, M. T. (2007). The Impact of Resistance Exercise on the Cognitive Function of the Elderly. Medicine & Science in Sports & Exercise, 39(8), 1401–1407. doi: 10.1249/mss.0b013e318060111f