自分と似た習慣をもつ人たちと、時間を過ごしましょう。

習慣科学


習慣を変えたいと思った時、用意周到に準備をする人は多いのではないでしょうか。例えば、ジムに行くために新しいトレーニングウェアを買い、アラームを早めにセットして準備したり、買い物リストを作成し新鮮な自然食品のみを購入するなどです。

しかし、習慣を変えようとする際に、誰と一緒にいるかということが、何を行うのかと同じくらい重要であるか知らない人は多いのではないでしょうか。 ある習慣変更に関する理論によると、健康な習慣の一部は自らの意志により遂行されるのではなく、無意識で反射的なものであると言われています。つまり、わたしたちは、何を行うかについて周囲の人々と互いに影響を与え合っているのです。

それは同調圧力の考え方に似ています。周りの人がタバコを吸ったり、大量に飲酒をする様子を見ていると、かなり意志の強い人でさえ、同調圧力の犠牲になってしまうでしょうこれは、自分の周りをランナーや菜食主義者だけと付き合うべきということではありません。。同様に、あなたの周りの人々が健康的な習慣を身に着けている場合、あなたも健康的な習慣を取り入れる可能性が高くなります。

あなたの親友が熱心なランナーである場合、あなた自身も活動的になる可能性が高くなります。親友が菜食主義者である場合、あなたも食事で多くの野菜を摂る可能性が高くなります。

これは、自分の周りをランナーや菜食主義者だけと付き合うべきということではありません。友だちが単に健康的なライフスタイルを生きようと心掛けているなら、それはあなたにも影響を与える可能性があります。

あなたの友人が、あなたが特にマネをしたいと思うような習慣を持っていない場合はどうしましょう? もちろん、友達をやめる必要はありません。ただし、健康的な習慣をもたらすような環境で、新しい友達を作る努力をするのは良いことです。年を取るほど新しい友達を作るのは難しいかもしれませんが、誰かに話しかけるだけでも良いのです。

ジムで人と会話する努力をしましょう。好感を持つ人に出会ったら、一緒に運動や散歩してみるのです。図書館の読書会に参加するのもいいですね。少し早く到着して、他の人とおしゃべりできる時間をつくりましょう。近所の喫茶店によく出かけるならば、そこで知り合いを作りましょう。滅多に外出しない場合は、同じ境遇の人が集まるサークルなどをオンライン上で見つけてください。

そして、昔からの友達にも愛想を尽かさないように! 健康的な習慣を身に着けた新しい友達を作るときは、旧友を一緒に誘ってみてはいかがでしょう。新しく健康的な習慣を築きたいという欲求が、彼等 (旧友たち) にも良い影響を与えるくれるかも知れません。

文献

  • Clear, J. (2018). Atomic Habits: Tiny Changes, Remarkable Results: An Easy & Proven Way to Build Good Habits & Break Bad Ones. New York: Avery, an imprint of Penguin Random House.