千里の道も一歩から

習慣科学


あなたは新しい運動習慣を始めようと心に決めました。そして毎朝早起きして、仕事の前に、近所をウォーキングしています。頑張っていますね!

でもそのあと、10 日間くらい順調に運動を続けた矢先に、突如何らかの障害が出てきました。アラームのスイッチを入れ忘れた、集中豪雨があった、ペットの犬が病気になり獣医に行く必要が出てきた、または、元気が 今一つ出ずに、ベッドから起きあがれなかった... など。そしてせっかく毎日がんばってきた運動習慣が、少しづつ乱れ始めることになるのです。

こういった小さな失敗で、もう運動をあきらめようと思うかもしれませんが、そこであきらめてはいけません。実際、少しくらい失敗しても、その後もっと成功する可能性が高いのです。「新しくすることには、時には失敗も必要である」

つまり、今日運動しなかったり、アイスクリームを食べてしまったとしても、それは許容範囲内の失敗として考えていいのです。毎日が新しい一日です。新鮮な果物や野菜をたくさん食べて、1 日 30 分間運動する毎日に戻りましょう。そして、再び課題に取組めない日があったとしても、すぐにまたいつもの正しい習慣に戻れば良いのです。これなら、あなたにも出来ますよね? 習慣を変えることは簡単ではありません。 「1 日に 1 つずつ着実に取り入れていくことで、取組みやすくなります」。

文献

  • Clear, J. (2018). Atomic Habits: An Easy & Proven Way to Build Good Habits & Break Bad Ones. Penguin.