時間と場所を指定しましょう

習慣科学


習慣とは、思考パターンを合理化するために脳がとる行動です。実際、習慣となった動作を行っている際、その行動について何も考えなくても行動できているはずです。 神経科学者はこれを 「自動性」 と呼びます。

「自動性」 とは、「自動的に行うこと」 です。頭で考えなくても、1 日を通して行う活動の多くは 「習慣」 で行われます。また脳は、習慣をさらに発達、洗練させることにも非常に長けています。実際、既に行われている特定の習慣をサポートする神経細胞は強力なため、互いを強く結びつけます。例えば、お茶を入れたり、ベッドを整えたりする際、活動に関する神経細胞の結びつきが非常に強いため、ほとんど無意識に動作を完了する事ができます

この習性を利用して、既存の習慣に 新習慣を付け足すことが出来ます。 本来、新しい習慣を身につけるのは、大変な作業ですが、既存の習慣に新たな習慣を埋め込むことで、既に強く発達した神経細胞を利用する事ができ、楽に習慣化出来るのです。

あなたは、日々の活動にどんな新しい習慣を組み入れたいですか? 1 つ決めて下さい。そして次に、いつ、どこで、その新しい習慣を融合させるかを正確に決めましょう。例えば、ウォーキングの習慣を身につけたい場合、既にコーヒーを飲む習慣がある場合は、「コーヒーを 1 杯飲んだ後は、快適な服を着て散歩に行こう」 と決めて、それら 2 つを組み合わせてみるのです。他にも、睡眠を改善するために、就寝の 1 時間前には液晶画面を見るのを避けたい場合は、毎晩お風呂に入る前に枕元に本を置き、ベッドに入ったらスマホではなく本を手に取るようにします。このように、既存の習慣を利用すれば、脳を変える新たな習慣を、簡単に自分のものにする事ができるでしょう。

文献