まず始めてみる

やる気


トレーニング、または身体を動かす準備ができた。または何らかの身体を使った活動をしたいと思い始めたとします。

心拍数を上げることは体に良いことであり、認知機能の低下リスクを軽減します。 でも、どこから始めて良いかさっぱりわからない場合、困ってしまいますね。

まず、どんなタイプの運動をするか決める必要があります。すぐに思いつかない場合、少しもどかしく感じるかもしれませんが、心配はいりません。多くの人は、自分に合った好きな運動を見つけるために、様々な運動を試す必要があるのです。そして、退屈しないためには、幾つかの活動を習慣的なトレーニングに組合わせることが必要なんだと気づきます。

単純だと思うかもしれませんが、やってみたい活動をリスト化してみたことはありますか? 例えばレガッタ ( 短艇 )は、自分とはかけ離れたスポーツに聞こえるかもしれません。でも 1 度リストに書き留めると、他の活動と同じように実行出来ることに気付くでしょう。 トレッドミルやその他のランニング マシンなど、反復的なアクティビティが好きな人がいます。 何も考えずに運動に没頭できるからです。また クラスに通ったり、チームで行うスポーツが好きな人もいます。 なぜなら、反復的な運動をするよりも、興味を持てる競技を楽しみたいと思っているからです。両方を組み合わせるのが一番良いという人も多いかもしれません。

ここで覚えておくべき最も大切な事は、とにかくまず始めなければならないという事です。来年、来月、もっと言えば次の1週間に向けて、運動の計画を立てる必要などはありません。ただ何を試してみるか、決めるだけです…そして、すぐに試してみましょう。