反応力を鍛える

やる気


私たちは、朝目覚めた時点ではその日がどんな 1 日になるかまったくわかりません。

満員電車での通勤でイライラしたり、仕事でクタクタになったり、家族と口論になったりするかもしれません。それとも、体にエネルギーが満ちあふれた気分になったり、仲の良い友達と会ったり、本を読み終える時間ができたりするかもしれません。

人生では、良きにつけ、悪しきにつけ、驚くようなことがよく起こり、そのような驚きに対する自然な感情的反応は、起こった出来事自体よりも大きな影響を私たちの心に与えます。

人生に起こることはコントロールできませんが、自分の反応はコントロールできます。 上司の機嫌の良し悪しや、楽しみにしていた予定が友達の都合でキャンセルになることはどうすることもできません。特に、天気とそれが 1 日の生活に与える影響はどうにもなりません。

けれど、一瞬だけ冷静になって自分の反応は自分でコントロールできることを思い出せれば、精神的な動揺を防ぐことができます。では、自分ではどうしようもない状況に直面した場合、どのように対処すべきでしょうか。深呼吸して落ち着きを取り戻し、必要であれば、その場を離れましょう。 そうすれば、もっと静かで安全な環境で、起こった出来事に対する自分の感情を見つめ直す時間が持てます。

状況への自分の反応を振り返ることは、認知力低下のリスク要因であるストレスの緩和に役立ちます。また、集中力と前向きな気持ちを維持する上でも有効です。集中力と前向きな気持ちは、脳の健康のために食生活の改善、運動、社会的交流といった目標に取り組む際の重要な要素です。