非快適ゾーン

やる気


日本でも、最近ではそのままカタカナで呼ばれるようになったコンフォートゾーン(快適ゾーン)。これは文字通り、快適であるために 快適ゾーン と呼ばれ、人は本能的にいつもこれを求めています。

たとえば毎朝、ほとんどの人はお決まりの方法で過ごします。コーヒーを淹れ、新聞を広げ、歯を磨きます。多分、夜も同様の決まり事があり、こうした一連の流れが、人を安心させ、快適に感じさせるのです。

ただ、認知機能の健康のために日常生活に変化を加えるために、ときには コンフォートゾーンを離れなければならない場合があります。 多くの人にとって、家にいることは世界で最も安全かつ快適な場所です。それでも、仕事や夕食の買い物のために家を出なくてはならなかったり、ときには用事で初めての場所に行かなければならないこともあるでしょう。 コンフォートゾーンから出ることは、私達が変化を起こし、未来を創造するためにも必要なものかもしれません。

誰でも最初、慣れないことを始める時は不安になることがあります。でもそれでいいのです。慣れないこと、新しいことでも、繰り返すうちに大丈夫だと感じるようになります。そうするうちに、非快適ゾーンに出たからこそ得られること を発見できるでしょう。