何を食べるか考える

食生活


MIND (マインド) 食という食事法は、認知機能の改善と深く関わっています。その効果は広範囲にわたりますが、やり方は簡単です。食べ物を健康的な食品群と不健康な食品群の 2 つに分ける。それでおしまいです。カロリー計算、複雑な指示、制限などはありません。

始めるのは簡単

健康的な食品群は、全粒穀物、葉もの野菜、豆類、ナッツ類、魚介類、鶏肉、ベリー類です。また、主な脂肪源としてオリーブオイルを使用します。

不健康な食べ物も禁止されてはいませんが、制限する必要があります。毎週、赤身の肉は 4 食分、お菓子または菓子パンは 5 個以下、チーズ、揚げ物、またはファーストフードは 1 食分に制限してください。また、バター消費量を 1 日 大さじ1 杯未満に抑えます。

それだけです。カロリー計算、複雑な指示、制限などはありません。

地元のスーパーでほとんどすべての材料を揃えることができ、料理の多くは、ちょっと目先を変えるだけで MIND 食に変更できます。

ゼッタイ禁止という食べ物もなく、外食も簡単です。魚や葉もの野菜のようなMIND 食で健康的な食品群とされる食材を含むメニューを探してみましょう。

驚きの効果

研究では、MIND 食を行うと、アルツハイマー病を発症するリスクを 53 %減らすことができると言われています。厳守せずとも、ある程度守った場合も、アルツハイマー病のリスクを 35 %低減しました。

文献