ファーストフード = 脂肪食品

食生活


体重のことをこれまで一度も気にしたことのない人はほとんどいないでしょう。クッキーやお菓子がいたる所にあるような休日を過ごした後、気が付けば数キロ体重が増えていた、なんてことはありませんか? また、残業や子供の世話や両親の介護などで忙しい時は、不健康だとわかっていても、とりあえず食べられる物を口にすることもあるでしょう。

肥満の人は認知機能低下のリスクがあることがわかっています。 では、この 2 つはどのように関連しているのでしょうか? 肥満は心疾患や糖尿病につながる可能性があり、こうした病気はどちらも、脳への血流を減少させます。脳は健康であるために絶えず新鮮な酸素の供給を必要とするため、血流の低下は認知症につながる可能性があるのです。

肥満のタイプには、認知症との強いつながりがある特定のタイプがあります。内蔵脂肪型肥満は、体幹に ( 胸部、腹部、臀部全体に ) 脂肪がつく肥満の一種です。このタイプの肥満は、皮下脂肪ではなく、臓器に脂肪がついています。そのため、糖尿病、脳卒中および心疾患の強力な危険因子となります。また、内蔵脂肪型肥満と認知症との相関性についても多くのエビデンスがあります。

それでは、どうすれば、脳の健康を守るために内蔵脂肪型肥満を予防または変化させられるのでしょうか? MIND 食を始めることがオススメです。

MIND (マインド) 食は、自分自身だけでなく、家族にとって多少なりとも変化を要するかもしれません。もし、仕事から帰る途中でよくファーストフードや揚げ物を食べる習慣があれば、これは、まず初めに止めるべき習慣です。

ファーストフードは通常、カロリーと飽和脂肪が非常に高く、ある研究では、1 日に 1 回ファーストフードを食べると、1 日に摂取すべきカロリーの約 50% 、脂肪量のほぼ 100 %が摂取されてしまうことがわかりました。この強烈なほどのカロリーと脂肪量が、ファーストフードを食べた後、満足感を感じる理由だということをよく理解しましょう。

文献

  • Brindal, E., Mohr, P., Wilson, C., & Wittert, G. (2008). Obesity and the effects of choice at a fast food restaurant. Obesity Research & Clinical Practice, 2(2), 71–142. doi: 10.1016/j.orcp.2008.03.004
  • Dornelles, A. (2019). Impact of multiple food environments on body mass index. PloS One, 14(8), e0219365. doi: 10.1371/journal.pone.0219365
  • Whitmer, R. A., Gustafson, D. R., Barrett-Connor, E., Haan, M. N., Gunderson, E. P., & Yaffe, K. (2008). Central obesity and increased risk of dementia more than three decades later. Neurology, 71(14), 1057–1064. doi: 10.1212/01.wnl.0000306313.89165.ef