ウコンについて話しましょう

食生活


ウコンは、インド料理を黄色や赤色に変える明るいオレンジ色の香辛料です。これはインドカレーにふんだんに使われる香辛料です。インドにおけるアルツハイマー病の発生率は、米国の 1/4 以下ということを考えると、これは単なる偶然ではなく、科学的に何らかの相関があると考えられています。

カレーの摂取量は、認知機能の向上に関係があるという研究があります。では、カレーにはどのような作用があるのでしょうか? アルツハイマー病は、炎症とベータアミロイド斑の形成によって引き起こされると考えられていますが、ウコンは、白血球が脳のプラークを除去するのを助け、脳細胞の炎症も減らすことを示す根拠があります。

また、ウコンは抗酸化物質でもあります。脳の健康についての記事などを読むとよく耳にする言葉です。では、抗酸化物質とは一体どういうものなのでしょうか? 抗酸化物質は、細胞を損傷する恐れのあるフリーラジカルと呼ばれる代謝の副産物を中和することにより、細胞を保護します。抗酸化物質が認知機能低下を含むいくつかの老化の兆候を軽減できることを示す研究も幾つかあります。

ウコンを食事に追加するのは簡単です。あまりインド料理が好きではない人も心配する必要はありません。インド料理以外でもウコンを食事に摂り入れる方法はたくさんあります。例えば、小さじ 1 杯のウコンをレモン汁と一緒にお湯に加え、健康ドリンクとして飲むことができます。また、マンゴーのスムージーに入れると素晴らしい味がします。温めた豆乳にバニラエッセンスを少量入れ、「ゴールデンミルク」とも呼ばれるウコンのラテを作っても良いでしょう。冷奴やサツマイモ、または玄米のご飯に振りかけてもいいです。ウコンの粉末をガスコンロの横に置いておくと、自分なりのウコンの摂り入れ方を見つけられるかもしれません。

文献