奇跡の食品

食生活


ナッツが健康に良いと聞いたことがある人は多いと思いますが、推奨されている週に 5 回、ナッツ類を食べている人はほとんどいないでしょう。

ナッツが食品として優れている理由、それは、一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸の両方を含有している一方で飽和脂肪量が少ないところにあります。調査では、食生活にナッツを取り入れることによって脳の健康が保たれる一方で認知症のリスクが軽減されることが示唆されています。

ナッツが脳にもたらすメリットとは?

ナッツには、心臓病と 2 型糖尿病という認知症の 2 大危険因子のリスクを低減する作用があるとされています。 またナッツには認知機能を守る作用もあると考えられており、さまざまな調査において、ナッツには健康リスクのある成人の認知機能の低下を防止または遅らせる可能性があると結論づけられています。

実際に、ナッツは奇跡の食品です。 心臓と脳に良いだけでなく、高い満足感がありタンパク質も豊富なナッツはダイエットにも効果的な食品です。

しかし、どうすれば推奨されている週 5 回、 ナッツを食べることができるのでしょうか? ナッツをドライフルーツやチョコレートと混ぜたおやつ (「トレイルミックス」とも呼ばれます) を、週のはじめに用意しておくと便利です。ナッツをメインに、ドライフルーツ、グラノーラ、ポップコーン何でも好きなものを混ぜれば簡単にできあがりです!

文献

  • Akter, K., Lanza, E. A., Martin, S. A., Myronyuk, N., Rua, M., & Raffa, R. B. (2011). Diabetes mellitus and Alzheimer’s disease: Shared pathology and treatment? British Journal of Clinical Pharmacology, 71(3), 365–376. doi: 10.1111/j.1365-2125.2010.03830.x
  • Brufau, G., Boatella, J., & Rafecas, M. (2006). Nuts: Source of energy and macronutrients. The British Journal of Nutrition, 96 Suppl 2, S24-28. doi: 10.1017/bjn20061860
  • de Bruijn, R.F., Ikram, M.A. (2014). Cardiovascular risk factors and future risk of Alzheimer’s disease. BMC Medicine, 12(130). doi: 10.1186/s12916-014-0130-5
  • Jenkins, D. J. A., Hu, F. B., Tapsell, L. C., Josse, A. R., & Kendall, C. W. C. (2008). Possible Benefit of Nuts in Type 2 Diabetes. The Journal of Nutrition, 138(9), 1752S-1756S. doi: 10.1093/jn/138.9.1752S
  • O’Brien, J., Okereke, O., Devore, E., Rosner, B., Breteler, M., & Grodstein, F. (2014). Long-Term Intake Of Nuts In Relation To Cognitive Function In Older Women. The Journal of Nutrition, Health & Aging, 18(5), 496–502. doi: 10.1007/s12603-014-0014-6
  • Wengreen, H., Munger, R. G., Cutler, A., Quach, A., Bowles, A., Corcoran, C., Tschanz, J. T., Norton, M. C., & Welsh-Bohmer, K. A. (2013). Prospective study of Dietary Approaches to Stop Hypertension- and Mediterranean-style dietary patterns and age-related cognitive change: The Cache County Study on Memory, Health and Aging. The American Journal of Clinical Nutrition, 98(5), 1263–1271. doi: 10.3945/ajcn.112.051276