創造的な考え方と眠りの深い関係

睡眠


創造力は、眠りと非常に深い関係があります。

徹夜したときや不眠症で寝られなかった日は、ほとんど考え事ができないということもあるでしょう。

新しいアイデアを考え出したり短い小説を書こうとした場合も、十分な睡眠がとれていなければ、創造性を発揮させることは簡単ではないと思います。

寝不足状態は、「発散的思考」と呼ばれる、いわゆる「既存の枠にとらわれない考え方」に大きく影響します。既存の枠にとらわれない発散的思考は、これまでに多くの芸術作品や発明につながっています。

創造力が必要なのは、芸術家や小説家、発明家に限られません。ヘアスタイルを整えることや日々の人とのコミュニケーションなど、私たちは毎日創造力を使っています。創造力は、この世界と私たちの生活を幸せで健全なものにしています。

あなたが判断して決定する事柄の中で、何らかの形で創造性が伴うすべての事柄を考えてみてください。もし前の晩によく眠れなかったとして、同じ決定を下したと思いますか?

よく眠ることが創造力の発揮に役立つとしたらどうしますか? 今晩、布団に入る 1 時間前からスマホやコンピュータ、テレビなどの画面を見ないようにしてください。テレビ、スマホ、タブレットなどの画面からの光は脳の覚醒を促し、眠りを妨げる原因になります。替わりに読書や入浴、温かい飲みものを飲むなどしてリラックスしましょう。

文献