タンパク質と眠りの深い関係

睡眠


あなたは夕食をたっぷりと食べる方ですか? それとも軽めに済ませますか? 夕食を食べたらすぐに布団に入って眠りたいと思いますか? それとも食べたものを消化してから眠れるように、寝る数時間前までに夕食を済ませますか? どちらが良いのか、まだはっきりとした研究結果は出ていませんが、寝る前に食べた量ではなく何を食べたのかということが認知機能に影響を与えることを示す証拠は徐々に明らかになってきています。

脳の健康と快適な睡眠に役立つとされている栄養素があります。それは、「タンパク質」です。

タンパク質とアミノ酸を多く含む食品には、認知機能の低下から脳を保護することを期待できます。これらの栄養素は、脳細胞がその機能と健康状態を維持することを助けます。

タンパク質の摂取量は年齢が高くなるほど減る傾向があり、成人の10 - 25%はタンパク質を十分に摂っていないとされています。それには、 食欲の減退、口腔衛生上の問題、味覚や嗅覚の衰えなど、さまざまな要因が考えられます。

タンパク質の摂取量を増やすことが、より長く質の高い睡眠を助けるという研究結果もあります。 また、複数の研究で、アミノ酸サプリメント (補助食品) によって不眠症が軽減したことが報告されています。

タンパク質はナッツ類、精肉、チーズ、ヨーグルト、その他の乳製品、米と豆 (この組み合わせは、世界中のあらゆる地域で食べられている完璧なタンパク質源です) 、卵、鮮魚、 ブロッコリー、種類、さまざまな穀物に含まれています。タンパク質を多く摂取している人は、そうではない人に比べて質が良い睡眠をより深く、より長くとることができています。 誰もが知っているように、健康な睡眠習慣は認知機能を維持するための重要な基盤となる要因の 1 つです。

本日のポイント、それは「タンパク質の摂取量を増やすことは、脳機能の向上に役立つ」ということです。また、タンパク質は質の良い眠りを助け、質の良い眠りには脳機能の向上効果を期待できます。このように、タンパク質をたくさんとることは脳機能の向上に 2 倍の効果を期待できます。

文献

  • Glenn, J. M., Madero, E. N., & Bott, N. T. (2019). Dietary Protein and Amino Acid Intake: Links to the Maintenance of Cognitive Health. Nutrients, 11(6). doi:10.3390/nu11061315
  • Kinsey, A. W., & Ormsbee, M. J. (2015). The health impact of nighttime eating: old and new perspectives. Nutrients, 7(4), 2648–2662.