眠りに「ちょうど良い」室温について

睡眠


イギリスの有名な童話に「ゴルディロックスと 3 匹のクマ」という話があります。女の子がクマの親子の家に迷い込んで寝ようとしますがお父さんクマのベッドはかたすぎ、お母さんクマのベッドはやわらかすぎ、赤ちゃんクマのベッドがちょうど良かったので、もぐりこんで寝たという話です。ベッドのかたさはわかりますが、部屋の温度がどうだったのかは誰も知りません。快適な眠りのためには、ベッドのかたさはともかく、部屋はいくぶん涼しい方が良いとされています。

この女の子に限らず、寝る部屋は「ちょうど良い」温度にする必要があります。「ちょうど良い」イスでリラックスして読んでください。掛け布団を使うなら最適な室温はもっと低く、15-19 度です。

しかし、ここで問題があります。「ちょうど良い」室温が女性と男性で違うため、ちょうど良い室温が夫婦で違うことが多いのです。このような室温に対する夫婦間のいさかいへの答えはありませんが、一般的に男性が快適に感じる室温を女性は寒いと感じることが多いようです。 もしよければ、室温の感じ方の男女差について、これをあなたの妻(または夫)に見せてください。お互いに譲り合いの精神を発揮して、1 日ごとにお互いの「ちょうど良い」室温を切り替えるのも手段の 1 つです。室温が低いと感じる場合は、くつしたを履くことも方法の 1 つです。

文献