快適な眠りの空間づくり

睡眠


この世界に「これなら必ず質の良い眠りをとることができる!」という秘訣はありません。もしあったとしたら、みんながやっているでしょう。もし「良い眠り」のスイッチがあって、誰でも簡単に良い睡眠をとることができたとしたら、すごいことですよね。他方、質の悪い眠りは単純な問題ではありませんが、脳の健康を考える上では避けて通れない要素であることも事実です。

睡眠障害と認知機能の低下には関連性が指摘されています。 質の良い眠りをとって脳の健康を維持したいと思いませんか? そのためには、まず現状を十分把握しなければなりません。

まずは現在の睡眠環境 (寝室) の状況を把握しましょう。毎晩寝ている部屋は、静かで落ち着いた空間ですか? そこで誰が寝てもぐっすりと良い睡眠をとれる環境だと思いますか? 以下のポイントを確認してください。

  1. 部屋の中は静かですか?
  2. 部屋の中は暗いですか? 家電など、電子的な光を発するものはありますか?
  3. 暑すぎず寒すぎず室温は快適ですか? 睡眠に最適な室温は15~19℃です。
  4. 部屋の中は片付いていますか? ちらかった部屋は不安の原因になり得ます (家具が倒れたり物が落ちてきたりする危険性)。
  5. 枕とシーツは清潔で快適ですか?
  6. 布団 (ベッドはマットレス) は十分な大きさですか? 硬すぎたり柔らかすぎたりしませんか?

環境のほんの少しの変化が眠りに大きな違いを生み出すこともあります。 古い毛羽だったシーツを新しい柔らかいシーツに替えるだけで、まるで新しい布団 (ベッド) で寝ているように感じることもあります。また自分の首や頭の高さに合わせた枕に替えることは、質の高い眠りにつながるでしょう。できる限り気が散る要素をなくすことで、一晩中目が覚めることなくゆっくりと寝ることができる可能性を高められます。

最終的な目標、それは一度も目覚めることなく毎晩 8 時間前後眠ることです。

文献

  • Jelicic, M., Bosma, H., Ponds, R. W. H. M., Van Boxtel, M. P. J., Houx, P. J., & Jolles, J. (2002). Subjective sleep problems in later life as predictors of cognitive decline. Report from the Maastricht Ageing Study (MAAS). International Journal of Geriatric Psychiatry, 17(1), 73–77. doi:10.1002/gps.529
  • National Sleep Foundation. (2009). What Makes A Good Night’s Sleep | National Sleep Foundation. Retrieved February 5, 2020, from https://www.sleepfoundation.org/articles/what-makes-good-nights-sleep