脳には相応の睡眠時間が必要

睡眠


眠りに対する私たちの欲求は、年齢とともに変化します。たとえば乳児期、幼児期、青年期では必要な睡眠の量もそれぞれ異なります。これは熟年層や高齢者層など、成人した後も変わりません。

年を重ねていくにつれて、眠りのパターンも変化します。 大人になると夜は遅くまで起きていて朝は早く起きなければならないという状況が珍しくなくなり、さらに年を重ねると起床時間が早くなり、夜も早い時間に布団に入る傾向が強くなります。

このような変化は加齢による自然なものであり、 毎晩きちんと睡眠が取れている限り問題はありません。

脳の健康にとって、毎晩しっかりと睡眠をとることは食事や運動、脳トレと同じくらい大切なことです。ある調査では、睡眠時間が 8 時間に満たないと記憶力と実行機能にマイナスの影響が出ることが示唆されています。 さらに、睡眠不足によって、アルツハイマー病のマーカーの 1 つであるアミロイド β (ベータ) の蓄積が促進されると考えられています。

文献

  • Alzheimer’s Association. (2017). Beta-amyloid and the amyloid hypothesis. https://www.alz.org/national/documents/topicsheet_betaamyloid.pdf
  • Ju YE, Lucey BP, Holtzman DM. Sleep and Alzheimer disease pathology—a bidirectional relationship. Nat Rev Neurol. (2014) 10:115–9. doi: 10.1038/nrneurol.2013.269
  • Luik AI, Zuurbier LA, Hofman A, Van Someren EJ, Ikram MA, Tiemeier H. Associations of the 24-hour activity rhythm and sleep with cognition: a population-based study of middle-aged and elderly persons. Sleep Med. (2015) 16:850–5. doi: 10.1016/j.sleep.2015.03.012
  • Mander BA, Winer JR, Walker MP. Sleep and Human Aging. _Neuron. _(2017) 94:19-36. doi: 10.1016/j.neuron.2017.02.004
  • Mehegan L, Chuck R, Laura S. 2016 AARP Sleep and Brain Health Survey. Washington DC: AARP Research (2017). Available online at: www.aarp.org/sleepandbrainhealth.
  • Watson NF, Badr MS, Belenky G, Bliwise DL, Buxton OM, Buysse D, et al. Recommended amount of sleep for a healthy adult: a joint consensus statement of the American Academy of Sleep Medicine and Sleep Research Society. Sleep. (2015) 38:843–4. doi: 10.5664/jcsm.4758