魔法の睡眠時間は 7 時間

睡眠


適切な睡眠をとることが脳と将来の認知力に良いことはご存知のとおりですが、短期的、長期的に見て健康な生活のためには少なくとも 7 時間の睡眠が必要であることがわかっています。しかし、8 時間を超える睡眠は睡眠不足と同じくらい脳に悪影響を及ぼす可能性があることをご存知でしたか?

これは事実です。実際、寝すぎてしまうことはあるでしょう。

認知機能を損なう可能性があるこれら 2 つのタイプの睡眠には科学的な名称が付けられています。1 つはショートスリープと呼ばれるものであり、7 時間未満の睡眠を指します。もう 1 つはロングスリープであり、8 時間を超える睡眠のことです。健康に良いのはちょうど中間のひと晩で 7 - 8 時間の睡眠です。それ以上でも以下でもありません。

実際に、ロングスリープの場合はアルツハイマー病の発症率が約 1.8 倍になり、ショートスリープの場合はアルツハイマー病だけでなく、あらゆるタイプの認知症による認知力の低下の可能性が 70 - 100% 高くなります。

では、どうすればよいでしょうか? 睡眠時間が 7 時間以上かつ 8 時間未満になるように目覚まし時計を設定してください。7 時間、7 時間半、8 時間というように試して、自分にとって最も快適な睡眠時間を見つけることをお勧めします。

文献

  • Spira, A. P., Chen-Edinboro, L. P., Wu, M. N., & Yaffe, K. (2014). Impact of sleep on the risk of cognitive decline and dementia. Current opinion in psychiatry, 27(6), 478–483. doi: 10.1097/YCO.0000000000000106