友人と一緒に出掛けましょう

交友関係


友人と一緒に散歩したり、食事をしたり、お酒を酌み交わすことはこの上なく楽しいですよね。しかし、メールやメッセージ、ソーシャルメディアが飛び交う今の時代においては、多くの人がほとんどの時間を 1 人で過ごしています。画面上でいつでも友人と交流できる時代に、なぜ直接会う必要があるでしょうか?

理由は、そうする必要があるからです。 楽しいだけでなく、対面での社会的相互作用が、健康を維持し、健康的な食生活を送るのと同じくらい、脳を明晰に保つために重要だからです。小説家のマルセル・プルーストは次のように言っています:「私たちを幸福にしてくれる人たちに感謝しましょう。彼らは我々の魂を花開かせてくれる、チャーミングな庭師なのだから」と。友情と社会的交流の利点が科学的に証明されるずっと前から、プルーストは、友人なしでは私たちの脳は、水のない植物のように枯れてしまうことを知っていたのです。

すでに習慣の一部になっているかもしれませんが、今日の課題は思いがけないほど単純です。今から友人に連絡をとってみましょう。電話をかけてみるのです。どうしても必要な場合は、メッセージやメールでも構いませんが、その場合も、あなたの大切な人と直接会う日を設定してください。面倒なことをする必要はありません。散歩に行ったり、公園のベンチに座るだけでもいいのです。または一緒に食事をしたり、博物館に行くなど。あなたと友人が楽しめる活動であれば何でも構いません。一緒にそれを行いましょう。

文献

  • Middleton, L. E., & Yaffe, K. (2009). Promising Strategies for the Prevention of Dementia. Archives of Neurology, 66(10). doi: 10.1001/archneurol.2009.201