共同生活で脳を刺激する

交友関係


想像してみてください。あなたは配偶者と死別または離婚し、子供たちは皆独立しています (あるいは、結婚もしていないし子供もいません)。老後または中年後期を独りで暮らしています。家には使われていない余分な部屋があります。あるいは、一大決心をし、別の町に引っ越して新しい家で新しい生活を始めようかと考えています。

もしそうであれば、一緒に住む人を探すというのはどうでしょう? 大学時代や就職して間もない頃、お金を節約するために誰かと一緒に部屋を借りたことがある人もいるはずです。考えたこともなかったかも知れませんが、まずは話を聞いてください。他の人とつながりを持つことが脳の健康と認知機能の強化に良いことは科学的に証明されています。とはいえ、不幸な結婚と同じく、一緒に住む人と相性が悪ければストレスになり、逆に認知機能を損なう可能性もあります。ですから、もし誰かと一緒に住む場合は、気の合う相手でなければなりません。

誰かと一緒に暮らしていると、交流によって脳が刺激される機会が増えるだけでなく、家事を分担することもできます。私的生活空間と共同生活空間の両方を備えた「高齢者共同住宅」と呼ばれるものもあります。最初の高齢者共同住宅は 1972 年にデンマークで建てられました。米国では 2000 年代初頭に流行し、オーストラリア、日本、ニュージーランド、カナダなどの国々に普及しています。

文献