クリックして接続

交友関係


何事もそうであるように、一人暮らしにも長所と短所があります。 一人で暮らしていれば、家中の明かりをつけっぱなしにしておいたり、食べた後のお皿をすぐに片付けなくても文句を言う人はいません。部屋中を自分の好きな小物だけで飾りつけても、いびきをかいても大丈夫です。でも時には、たった独りでリビングに座っていることに寂しさを感じる事もあるかもしれません。

一人暮らしだからと言って、孤独である必要はありません。 住む処は一人ですが、それなりに外に出て、他の人と社会的に関わっている人は、一般的に孤独感が低いことが報告されています。しかし、あなたが一人で住んでいて、外出するのが難しかったり、誰とも話せない場合、どうしたらいいでしょう。

一人で生活している高齢者の場合、インターネットを使うことで、孤独感、抑うつ感を軽減できることが研究で示唆されています。 また、自分が社会の一員であるという気持ちを高めることもできます。

ソーシャルメディアなどで昔の友人や、少し遠く離れた家族と繋がることで、関係を再燃させたり、ときには日常的な会話を始めるのに役立ちます。また、少し検索してみると、以前やったことのあるものに対するサークルや、お気に入りの趣味に基づいたチャットグループや掲示板を見つけることができるでしょう。

もし、こういったことが技術的に難しい場合でも、多くの図書館や公民館などで、高齢者向けのクラスを提供しています。

文献

  • Cotten, S. R., Ford, G., Ford, S., & Hale, T. M. (2014). Internet Use and Depression Among Retired Older Adults in the United States: A Longitudinal Analysis. The Journals of Gerontology Series B: Psychological Sciences and Social Sciences, 69(5), 763–771. https://doi.org/10.1093/geronb/gbu018
  • O'Súilleabháin, P. S., Gallagher, S., & Steptoe, A. (2019). Loneliness, living alone, and all-cause mortality: The role of emotional and social loneliness in the elderly during 19 years of follow-up. Psychosomatic medicine, 81(6), 521.