寂しいなら、集まり ( サークル ) に参加してみませんか。

交友関係


インターネットやソーシャルメディアから成るデジタル世界は、本来は私たちをより親密に結び付けるはずでしたが、皮肉なことに、実際、ある意味では私たちを、魂のぬけがらに変えました。

電気やそのほかの、私たちが当たり前と考える多くの文明の力が無い時代には、国に関わらず、人間は水さえ汲める場所なら、どこにでも集まりました。お寺や教会で顔を合わせ、3 世代家族が狭い場所でひしめき合って一緒に暮らし、一緒に料理をし、木の実や薬草を集めました。社会的な絆や生存のために必要と言う理由が、彼らを密な団体行動へと結び付けたのです。

ある意味、私たちが今回提案することは、社会的交流が人間の営みの一部だった、別の時代へと時計の針を戻すことかもしれません。重要な神経連絡の生成は、社会的な繋がりをもとに生み出す方がより簡単なのです。 今日では、スクリーン抜きで、日常生活で人と交流する時間と空間を見つけることは困難ですが、正式なものであれ、または自分たちで作ったクラブやグループを通じて、それは今でも可能です。例えば、ボウリングクラブ、宗教団体、編み物サークル、コーヒーを飲みながら気軽におしゃべりする集まり、よく一緒に食事する仲間とのランチ、バードウォッチング、ジョギングクラブなど、とにかく、あなたが家の外に出て、孤独な生活から抜け出し、定期的にお互いのことを話し合い、笑顔を分かち合えて、他人と一緒に楽しんでできる活動で、魅力を感じるグループならどのようなものでも良いのです。

さあ、どのサークルを選びますか?