ただ電話するだけでいいのです

交友関係


古今東西、いろんな人が電話について曲を書きました。「いつでもいい。きみは電話するだけでかまわないよ。そしたら僕がそこに行く。そばにいてくれる人が必要だから...」

これを頭において、今日のレッスンは 5 分で終わりです。でも、そのあと 1 日中、あなたの気持ちを明るくする事間違いなしです。あなたがこれから連絡する友人が意地悪な人たちでない限り。でもそのような人を、「友人」とは呼びませんよね? 今日は電話を手に取り、ぜひあなたが心から大切と思える人に電話してみましょう。

今回やる事はこれだけです。とても簡単です。電話を手に取り、古い/新しい、または離れた場所に住んでいる/近くに住んでいる、楽しい/まじめ、おしゃべりなタイプ/もの静かなタイプ、どんな人であろうと、あなたが話していて笑顔になるような、気分を上げる友人に電話をかけてみませんか。もちろん、家族でも構いません。あなたが話したいと思える人なら、お姑さんに電話したっていいですよ。

しかし、もちろん、この一連の「友達」に関するレッスンは、あなたがその場にいて自ら電話をかける限りにおいて、それほど簡単なことではありません。もしかしたらあなたは内気なタイプかもしれませんし、電話での会話に気まずさを感じるかもしれません。または、今あなたには本当に電話したい人がいない場合もあるでしょう。しかし、勇気を出して、5 分以上電話で話をする価値のある人を見つけましょう(電話会社以外、誰も何分話したかなど時間を計りません、好きなだけ会話を楽しんでください)。こんな風に、たった 1 本の電話を使って、社会的なつながりを深めることは、認知機能の低下を防ぐためにあなたの脳を刺激することに役立ちます。