ソーシャルメディア: 長所と短所、それから様々な研究結果がもたらす混乱

交友関係


ソーシャルメディアが人間の孤独 (認知機能の低下につながる主な要因の 1 つ) に及ぼす影響についての報道は、矛盾している時も多く、しばしば混乱を招いています。一部の研究では、ソーシャルメディアを多用しすぎることで、実際に孤独になることがわかっています。一方で、他の研究機関は、ソーシャルメディアは私たちが他の方法では不可能だった人々とつながることを可能にして、私たちの孤独を紛らわせてくれると主張しています。

それでは、Facebook アカウントを持ち、脳を健康に保ち、孤独感を減らしたい人はどうすれば良いのでしょうか? 答えは簡単です。ソーシャルメディアを控えめに、賢く、目的を達成するための手段として使えば良いのです。画面をスクロールして、友だちの行動や発言を一通り把握したら、長くそこに止まらないようにしてください。このアプリを通じて、実際に人と会ったり、長い間音沙汰のなかった友人と、プライベートチャットを行ったりするのは良いですが、ただ画面をじっと見つめるだけで時間を無駄にしないでください。家族の写真を投稿するのも良いでしょう。ただし、それはコメント欄に投稿する人と会話する機会として利用しましょう。

重要なのは、受け身な ROM 専 (リードオンリーメンバー。ネット掲示板やチャットルームなどで、他の人の書き込みや議論を読むだけで、自分は何も書き込みをしない人) にならずに、ソーシャルメディアを積極的に活用することです。積極的なユーザーは、足跡を残さずにただ閲覧だけするユーザーよりも、高いレベルの幸福と満足感があることが報告されています。または、少なくとも誰かが投稿した写真の下に、一言コメントを書いてみてください。「素敵な写真だね!」というコメントは、あなたとそれとを見た人の 1 日を良い気分にする、驚くような効果をもたらすでしょう。でも、相手に直接会えればさらに良いですよね。

文献

  • Hunt, M. G., Marx, R., Lipson, C., & Young, J. (2018). No More FOMO: Limiting Social Media Decreases Loneliness and Depression. Journal of Social and Clinical Psychology, 37(10), 751–768.
  • Sims, T., Reed, A. E., & Carr, D. C. (2017). Information and Communication Technology Use Is Related to Higher Well-Being Among the Oldest-Old. The Journals of Gerontology. Series B, Psychological Sciences and Social Sciences, 72(5), 761–770.