売られた喧嘩は、、、、買わない

リラックス


近頃、テレビを観ても、ソーシャルメディアを見ても、人は争う傾向ががあることに気がつくかもしれません。

対立は、もともと私たちの中に組み込まれています。これは、闘争・逃走反応により生み出されるのです。

しかし、喧嘩をすると、ストレスホルモンであるコルチゾールが生成されてしまいます。コルチゾールは、記憶障害や認知機能の低下を引き起こすと言われています。争いを避ける選択をすると、ストレス要因を生活から減らすことができ、こうした人は、認知能力に影響を与えるほどのコルチゾールを生成せずに済むでしょう。ですから、もし今後、誰かが口論をふっかけてきても、「右の頬を打たれたら左の頬を向ける」のは、あなたの健康にはとても良いのです。

文献

  • Shmerling, R. H. (2016, November 30). The health advantages of marriage - Harvard Health Blog. Retrieved November 22, 2019, from Harvard Health Blog website: https://www.health.harvard.edu/blog/the-health-advantages-of-marriage-2016113010667
  • Shrout, M. R., Brown, R. D., Orbuch, T. L., & Weigel, D. J. (2019). A multidimensional examination of marital conflict and subjective health over 16 years. Personal Relationships, 26(3), 490–506. doi:10.1111/pere.12292
  • Sliwinski, M. J., Smyth, J. M., Hofer, S. M., & Stawski, R. S. (2006). Intraindividual coupling of daily stress and cognition. Psychology and Aging, 21(3), 545–557. doi: 10.1037/0882-7974.21.3.545