汗をかくことの効能

リラックス


「ストレスの軽減」と「運動」には、両方とも脳の働きを高める効果があり、認知機能の低下から脳を守ります。ストレスから回復する方法は様々ありますが、運動がその 1 つであることを知っていますか? 運動すると、脳に血液が送り込まれ、認知機能の低下リスクを軽減するだけでなく、認知力の健康に悪影響を及ぼすストレス自体も減らせるのです。

では、運動によって具体的にどうやってストレスが減るのでしょうか?

まず、運動をすると、回復力がつきます。 定期的な運動習慣を身に付けると、ストレス要因をうまく処理できるようになります。これは、運動自体が身体、特に心血管系にストレスをかけるためです。運動によって、身体に負荷がかかる事で、ストレスに対応する事に脳が慣れ、他の種類のストレスにもうまく対応できるようになるのです。

定期的に運動を行っていると、人間はストレス要因に対して今までとは異なる反応をするようになります。まず、心拍数と血圧の上昇を抑えられるようになります。すると、 それに合わせて精神面でも、気分や不安症状の変化が少なくなります。

ストレスや不安が減ると、うつ病や認知機能の低下をもたらす他の危険因子の影響も受けづらくなります。

運動はあらゆる事に効果があるのです。

文献