休みの効能 - 52/17 のルール

リラックス


トイレに行くのも忘れるほど作業に集中したことはありませんか? 反対に、何かをしているときにどうしても集中できないことはありませんか? そうです。アタマもカラダも、休むことなく1 日中働くようには出来ていないのです。

脳を休ませることは、記憶力を保つ役に立ちます。眠ることで記憶が定着することは、昔からよく知られています。起きているときも、定期的に脳を休ませることで、さまざまな情報をしっかりと脳に記憶させることができます。休みをとることは、決してなまけるわけではありません。私たちのカラダに必要なことなのです。休憩をとることで注意力と意欲、創造力と生産性が高まります。

具体的に、どれくらい休めば良いのでしょうか。科学にもとづく正確な時間がわかっています。52 分作業をしたら17 分休む。これを「52 対 17」ルールといいます。

今週は、この 52 対 17 ルールを行ってください。タイマーを使っても良いので、このルールを守って下さい。作業をしている間は、他に何もしてはいけません。スマホを見たり、電話をしたり、メールを打ったり、窓の外を見たりすることもいけません。作業に集中します。次に、17 分の休み時間は、反対に絶対に作業をしてはいけません。 誰かに電話をしたり、ぼーっとしたり、歩いたり、トイレに行ったり。作業以外ならなんでも結構です。これによって脳はさまざまな情報を処理して記憶できます。気分一新、休んだあとは作業もはかどるでしょう。

文献