深呼吸をする

リラックス


すべての生き物は生きるために酸素が必要というのは、科学的な常識です。

最新の科学では、休憩中に深呼吸することは健康に良いことがわかっています。深呼吸をすると、血圧と心拍数が下がり、より多くの酸素が脳に送られるので、頭をすっきりさせるのに役立ちます。

研究によると、横隔膜呼吸と呼ばれる特別な呼吸法でストレスを軽減できることが示されています。横隔膜呼吸は腹式呼吸とも呼ばれます。通常は、息を吸い込むと胸が膨らみますが、横隔膜呼吸をする際は、空気をお腹に取り込み、お腹が膨らむことを意識します。

横隔膜呼吸の背後にある科学的原理は何でしょうか? 他の種類の深呼吸と同じく、横隔膜呼吸をすると心拍数と血圧が下がります、また、シータ波と呼ばれる脳波が増幅します。この脳波は深いくつろぎ感と関連があります。

横隔膜呼吸をやってみましょう。

  1. ソファまたはベッドの上で仰向けに寝ます。
  2. 膝を曲げ、その下に枕やクッションを置きます。
  3. 左手を胸に、右手をお腹の上に軽く置きます。そのように手を置くと、呼吸しながら体の動きを感じることができます。
  4. 鼻から息を吸い、空気をお腹に貯めます。胃の辺りが上がってくるのを感じるはずです。
  5. 胃の周りの筋肉を収縮させるように口から息を吐き出します。

ストレスを緩和するため、これを 5 - 10 分間、毎日 3 - 4 回試してみてください。慣れるにつれてこの呼吸法を長くできるようになります。コツをつかむと、座った状態でもできるようにもなります。

COPD (慢性閉塞性肺疾患) や喘息などの呼吸器系の疾患がある場合は、横隔膜呼吸を試す前に必ず医療従事者に相談してください。一般的に、この種の呼吸法は呼吸器系の疾患がある人にも推奨されますが、念のため確認することをお勧めします。

文献