ゆとりある生活をしましょう

リラックス


家庭、仕事、趣味などを持っているほとんどの人は、1 日 24 時間では足りないと考えているでしょう。あちこち走り回り、常に時間に追われ、あまりにも多くの責任を抱える生活では、疲労困憊してストレスを感じるようになるでしょう。

そのような長期的なストレスは、身体に悪影響を及ぼし、循環器系疾患、代謝不良、さらには認知機能の問題を引き起こす可能性があります。ストレスはアルツハイマー病や認知症の主要な危険因子です。

私たちの意思決定能力はストレスによっても大きく左右されることが研究で明らかとなっています。長期的なストレスは柔軟な意思決定プロセスの硬直化を招きます。

忙しい日々を過ごすことは、多くの人々にとって大きなストレス要因になります。より効率的にストレスを緩和するためにも、上手に時間を管理しましょう。そして、それは、脳を労ることにもつながります。

具体的な方法

  1. 毎日の予定を視覚的に確認できるようにします。あらゆることを書き留めるか、またはデジタルカレンダーを活用します。
  2. 毎日、事あるごとに 5 分間の休憩をとります。予定に支障がない限り、必ずそうするようにしてください。この間に、深呼吸、瞑想、ストレッチを行いましよう。
  3. 余裕をもって行動できるように予定を立てます。アラームやキッチンタイマーを設定して、15 分早く出かけられるようにしましょう。アラームが鳴ったらすぐに出かけるようにしてください。少し遅れるよりも少し早い方が無難です。
  4. リラックスするための時間をとります。お風呂に入る、マッサージを受ける、本を読む、庭の手入れをする、芸術作品や音楽を楽しむ、散歩に出かけるなど、これまでできなかったことをしてリラックスしましょう。

文献

  • Morgado, P., & Cerqueira, J. J. (2018). Editorial: The Impact of Stress on Cognition and Motivation. Frontiers in Behavioral Neuroscience, 12, 326.